ワインについて

世界のワイン統計について

世界のワイン生産量が多い国々をご存知ですか?

実は、1位はイタリアなんですよ。

国際ブドウ・ワイン機構(OIV)が発表した資料を見てみましょう!

国際ブドウ・ワイン機構(OIV)とは?

国際ブドウ・ワイン機構(OIV)とは、Office International de la vigne et du vinの略称です。

フランスに本部があり、ぶどう栽培やぶどう品種、ワインづくりに関する総合的な研究機関といった役割を担っています。

国際ブドウ・ワイン機構(OIV)は、数値統計データを発表したり、研究集会を開催したりしています。

イタリアワイン通信講座の公式サイトへ

2017年国別ワイン生産量ランキング

国際ブドウ・ワイン機構(OIV)が、2018年4月24日に世界のワインについての統計資料について発表しました。

世界のワインの生産量は、2億5000万ヘクトリットルでした!

  • 1ヘクトリットル=100リットル

なので、250億リットルが世界で生産されたということになります。

これでも2016年と比較すると、8.6%の減少です。

EUのワイン生産国の上位国すべてが、悪天候の打撃を受けてしまった結果ということです。

EUだけでみると、前年比で14.6%も減少してしまいました。

1位 イタリア 4250万ヘクトリットル(前年比17%減)
2位 フランス 3670万ヘクトリットル(前年比19%減)
3位 スペイン 3210万ヘクトリットル(前年比20%減)
4位 アメリカ 2330万ヘクトリットル(前年比1%減)
5位 オーストラリア 1370万ヘクトリットル(前年比5%
6位 アルゼンチン 1180万ヘクトリットル(前年比25%
7位 中国 1080万ヘクトリットル(前年比5%減)
7位 南アフリカ 1080万ヘクトリットル(前年比3%
9位 チリ 950万ヘクトリットル(前年比6%減)
10位 ドイツ 660万ヘクトリットル(前年比15%減)

ワイン生産量1位、2位、3位のイタリア、フランス、スペインが、それぞれ17%、19%、20%も減少してしまいました。

フランス政府によると、ボルドーやシャンパーニュなどのフランスの中でも主要なワイン生産地のほとんどが、春の霜、干ばつ、暴風などの影響を受けてしまった、とのことです。

ブドウの生産量が、天候によって減少してしまったということです。

2017年国別ワイン消費量ランキング

ワインの世界消費量は、2016年と比較して1.8%増加して、総消費量は、2億4300万ヘクトリットルでした。

1位 アメリカ 3260万ヘクトリットル(前年比2.9%
2位 フランス 2700万ヘクトリットル(前年比0.4%減)
3位 イタリア 2260万ヘクトリットル(前年比0.9%
4位 ドイツ 2020万ヘクトリットル(前年比0.3%
5位 中国 1790万ヘクトリットル(前年比3.5%
6位 イギリス 1270万ヘクトリットル(前年比1.4%減)
7位 スペイン 1030万ヘクトリットル(前年比3.1%
8位 アルゼンチン 890万ヘクトリットル(前年比5.2%減)
8位 ロシア 890万ヘクトリットル(前年比2.5%減)
10位 オーストラリア 580万ヘクトリットル(前年比4.9%

イタリアのワイン消費量は、世界3位。

生産量についで、消費量でもベスト3にランクインしています。

2017年世界のワインの輸出量

1位 スペイン 2210万ヘクトリットル
2位 イタリア 2140万ヘクトリットル
3位 フランス 1540万ヘクトリットル
4位 チリ 980万ヘクトリットル
5位 オーストラリア 800万ヘクトリットル

ちなみに、ワインの輸出量は、スペインが市場の20.5%を占めて1位でした。

2017年世界のワインの輸入量

1位 ドイツ 1520万ヘクトリットル
2位 アメリカ 1320万ヘクトリットル
3位 フランス 760万ヘクトリットル
4位 中国 750万ヘクトリットル
5位 ロシア 450万ヘクトリットル

ちなみに、日本の輸入量は260万ヘクトリットルで、世界10位でした。

イタリアワイン通信講座の公式サイト⇓

毎月2本のワインとテキストでプロのソムリエの技や知識を学べます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です