ワインについて

ワインとは?

ワインの基礎知識についてまとめていきます。

ワインはぶどうから作られる醸造酒

ワインは、ぶどうから作られる醸造酒です。

醸造酒
酵母の発狂力を利用
アルコール度数は低い
蒸留酒
醸造酒を蒸留する
アルコール度数は高い
混成酒
醸造酒や蒸留酒に草根木皮・果実などの香味を抽出
穀物などからつくられる
  • ビール(大麦)
  • 清酒(米)

など

  • ウイスキー(大麦等の穀類)
  • ウォッカ(穀類・イモ類)
  • ジン(穀類)
  • ラム(サトウキビ)
  • テキーラ(リュウゼツラン)
  • 焼酎(米、イモ類、ソバ類など)
  • リキュール
  1. 香草・ハーブ系
  2. 果実系
  3. 種子・ナッツ系
  4. その他・特殊系(クリーム等)
果実などからつくられる
  • ワイン(ぶどう)
  • シードル(りんご)

など

  • ブランデー(ぶどう)
  • カルヴァドス(りんご)
  • キルシュワッサー(さくらんぼ)

お酒は、大きく分けると4種類に分類されます。

  1. 穀物からつくられる醸造酒
  2. 穀物からつくられる蒸留酒
  3. 果実からつくられる醸造酒
  4. 果実からつくられる蒸留酒

この中で、ワインは、③果実からつくられる醸造酒です。

そして、ワインを蒸留して作るお酒がブランデーです。

ワインと他の醸造酒との違い

ワインは、ブドウ自体に水分が含まれています。

そのため、ブドウの味わいが、そのままワインの味わいになります。

また、ブドウ自体に糖分を含むため、ワインを作る過程で『糖化』の工程がありません。

そのため、自然に【ワイン】になっていきます。

つまり、ブドウを潰してそのまま置いておくだけでも、条件が整えば自然に発酵してワインになります。(個人で醸造することは法律で禁じられているそうですが…)

 

穀物からつくられるビールや清酒などは、穀物自体に水分は含まれていません。

仕込み水の味わいがお酒の味わいに影響を与えます。

また、穀物自体に糖分がないので、糖化の工程が入ってきます。

ワインの味はブドウの品質で決まる!

ブドウが自然に変化したものがワインとなります。(ワインは、糖化の過程がいりません。)

そのため、ワインの味は、80〜90%はブドウの品質で決まるとも言われています。

つまり、良いブドウづくりがワインづくりのほとんどを占めていると言えます。

ワインができるまで

赤ワインができるまで

収穫⇛発酵⇛圧縮⇛熟成⇛瓶詰め⇛瓶内熟成

赤ワインは、最初にブドウを潰しますが、その後、果汁も皮も種も一緒に発酵させます。

そうすると、渋さ(タンニン)も含まれたワインができることになります。

  • ブドウの色素は、皮に含まれている
  • ブドウの渋さ(タンニン)は、種に含まれている

ため、ブドウの色も渋さも含まれたワインになるんですね💡

そうすると、当たり前に感じるかもしれませんが、赤ワインは白ぶどうからは作れません。

赤ワインのポリフェノールについて

赤ワインに多く含まれるポリフェノールが健康に良いと言われて、ワインブームが起こったことがあります。

このポリフェノールは、ブドウの皮に含まれる成分なんです。

そのため、果汁も皮も種も一緒に発酵させる製法をとる赤ワインに多く含まれているんですね💡

ポリフェノールは、強い抗酸化作用を持っていて、動脈硬化など生活習慣病予防に効果があると言われています。

白ワインができるまで

収穫⇛圧縮⇛発酵⇛熟成⇛瓶詰め⇛瓶内熟成

白ワインは、赤ワインと違い、ブドウを絞って果汁だけにしてから発酵させます。

この決定的な違いが、ワインの赤と白の違いを生み出しています。

ロゼワインができるまで

収穫⇛発酵⇛圧縮⇛発酵⇛熟成⇛瓶詰め⇛瓶内熟成

ロゼワインは、いくつか作り方があります。

1番主流となっている製法は、赤ワインと同じように、ブドウの収穫後に発酵してしまう作り方です。

しかし、赤ワインのようにしっかり発酵させるわけではなく、ある程度、色を抽出したら皮と種を取り除いてしまいます。

その後、圧縮するところまでは一緒なのですが、さらに発酵させるのがロゼワインの特徴です。

赤ワインと白ワインの製法をミックスしたような作り方ですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です